薄毛の原因と対策法を考える

薄毛の原因と対策法を考える

 

今の現代社会ストレスは本当に多く食生活も乱れがちとなって栄養も偏りがちになってしまいます。

 

髪ハゲや薄毛の原因の一つして挙げられるものにストレスや食生活の乱れがあって、髪ハゲや薄毛の原因には密接な関係となっております。

 

ここでは、一般的な髪ハゲと薄毛に関して解説していこうと思います。髪ハゲや薄毛を発生させる原因として、ストレスの影響は様々な理由があります。

 

人間はストレスを感じると血流やリンパ液の流れが変わり、自律神経や内臓機能などの動きが変化していきます。

 

普通の健康的な生活をしている時にはストレスが無い為、血流や内臓機能に問題は発生しませんが、ストレスがかかり出すと血流の流れや内臓機能にも悪い影響を与えてしまい、それが髪ハゲや薄毛の原因になってしまう場合があります。

 

また、肉体的にも精神的にもストレスが溜まっていくと自律神経の働きも悪くなってしまいホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

この様に、ストレスを溜めてしまうと髪ハゲや薄毛の原因となってしまい、また健康の悪影響になってしまいます。

 

毛髪のためにも、体のためにもストレスを溜めずに、健康的な生活を送ることが髪ハゲや薄毛を防ぐ方法の1つといえます。

 

 

髪ハゲ・薄毛の原因はなんでしょう?

 

ここでは、一般的な髪ハゲ・薄毛の原因を考えでみましょう。

 

まず、毛根は髪の毛を構成するのに重要な部分となります。
またこの毛根というのは、薄毛や髪ハゲ、白髪などの症状にとても密接に関わってくる部分であります。

 

 

一般的に髪ハゲや薄毛、白髪は、年老いていく毛根の老化現象といわれております。
毛根の周囲には細い毛細血管が無数に存在してる毛乳頭という部分があります。

 

 

毛穴1か所から大体2〜4本位の髪の毛が生えています。
栄養補給は、毛乳頭と毛根は繋がっているのでそこから栄養を供給できる仕組みとなっております。

 

 

髪の毛が黒い時には、しっかりと髪の毛に栄養が行きわたっており、黒い髪が生えて来る場合が多いです。
ただ、髪の毛にしっかりと栄養が行きわたっていないと髪ハゲや薄毛状態になったり、白髪が生えてきている場合がおおくあります。

 

 

髪の毛を生やすのに大切な毛母細胞

 

発毛に大切な毛母細胞というのがあるのですが、毛穴がなくなったとしても毛母細胞がまだ存在していることが多いです。

 

髪の毛は、毛母細胞があればいずれば生えてくるので安心です。

 

毛根の老化現象により、髪ハゲや薄毛になりがちですが、しっかりと毎日発毛対策を行っておけば、髪ハゲや薄毛を予防・対策することも出来ます。

 

髪ハゲや薄毛で弱くなった毛根を改善する方法には様々にありますが、一般的におすすめなのがヘアーブラッシング・ヘアケアシャンプーを行う際に、頭皮により強い刺激を与えないようにする事です。

 

また、頭皮を洗うシャンプーを行う時にゴシゴシと頭皮の汚れを落とそうと考え、強く爪を立て洗うとさらに髪ハゲや薄毛の原因となります。髪ハゲや薄毛の原因を作らないためにも、しっかりとした知識を持ってヘアケアをして行きましょう。

 

 

 

 

⇒ 薄毛や育毛対策のシャンプー&コンディショナーセット 詳細はこちら

 

 

 

 

 
  • (2013/06/20)LINK2を更新しました
  • (2013/06/20)LINK1を更新しました
 

 
大澤美樹のバストアップラボ ジニアス記憶術レビュー